【初対面でも会話が弾む!】会話上手になるたった一つの方法

SHARE

【初対面でも会話が弾む!】会話上手になるたった一つの方法

 

どうもこんにちは!

おーりんです!!

 

みなさん、人と会話するのはお好きですか?

 

え?嫌い!

コミュ障だから会話とか無理?

友達なら大丈夫だけど初対面は無理?

異性と何を話していいか分からない!?

 

と会話に対して思うことは色々あると思います。

 

今回は初対面の相手〜親友まで

会話を自然に盛り上げるための秘訣を書いていこうかと思います。

 

この24年間の人生で『聞き上手だね』と言われることが多かった僕が普段の会話で意識していることはたったの一つです。

それは・・・・・・・

 

『人に興味を持つこと』

 

いや当たり前だろ?今更何言ってんの?という声が聞こえてきそうですが、でも本当にこれだけなんですよね。

これを徹底すれば初対面の人であろうが目上のであろうが年下であろうが楽勝です。

楽勝ってかどんな会話も全部楽しめるようになります。

マジで本当にこれだけです。理由を説明していきます。

 

返報性の原理

人に興味を持つことによって返報性の原理が働きます。

返報性の原理・・・自分に好意を持ってくれる人に対して好意を持ちたくなる心理。

恋愛関係だとか友達関係も然りですが、人は基本的に自分に興味を持ってくれる人が好きです。(一部例外もいますが)

自分の趣味や話に興味持っていろいろ質問されると嬉しくないですか?

得意げに話せるし、向こうも興味持って前のめりになって聞いてくれてるし。(僕だけ?)

 

学校の先生を例にしますと、授業後に不明点や興味がある点を深掘りして個人的に質問してくる生徒の方が

授業中寝てばかりでまともに話を聞かない生徒より先生からの評価は段違いで良くなりますよね。成績も優遇されるかもしれないし。

あれはまさに返報性の原理が働いていると言えるでしょう。

 

生徒はただ単に授業内容や教科に興味を持っているだけではないんです。

いや、生徒の側はそうかもしれませんが、先生側はその教科を何十年と勉強し研究しているので、もはやその教科は先生の人生なんです。

なので、先生自身に興味を持って質問しているとほぼ同じなのです。

先生ももちろん悪い気はしないし『返報性の原理』で好意を返してあげたくなるので、結果その生徒が優遇されることになります。

 

そんなの不平等だろ!?と思う人もいるかと思いますが、先生も先生である前に人間で感情があるので、好き嫌いがあるのは当たり前です。

将来、ロボットが教壇に立つことになればまた話が違ってくるかもしれませんが。

 

キャバクラなどもいい例だと思います。

客である男に興味を持っていろいろ質問して、気持ちよく話させることによって、その気持ち良くなった見返りとして高級なシャンパンを注文するという『返報性の原理』が働いていると言えるでしょう。

 

 

まとめ

会話上手になるためには人に興味を持っていろいろ質問することで

返報性の原理を働かせ、向こうにも自分に興味を持ってもらう、その結果自然と会話が弾む!!

興味を持って人と接しよう

僕は実際にこの返報性の原理を知ってから早速実験しました。

初対面の人限定です。

(実験当時はアルバイトでいろんな店にヘルプへ行くことが多かったので毎日知らない人と接していました。)

 

  • こちらから積極的に相手に興味を持って質問する日
  • 全くこちらから相手にアプローチしない日

 

この二つをそれぞれ比較してみましたが、結果は当然ですが全然違いました。

前者はほぼ100%、程度の差はあれど打ち解け、会話も弾んだのにも関わらず後者は0%!!

 

たまに優しい人がいろいろ興味持って話しかけてきてくれますが、本当にたまに程度です。

この返報性の原理がどれだけ楽しい会話や人間関係構築に重要なのか理解して頂けましたでしょうか

 

『相手に興味を持つ』ただそれだけで会話も人間関係構築も容易にできるようになるんです。

そんなこと言っても相手の話にどうしても興味が持てない!!

って言う方もいるかもしれません。

 

それは好奇心の問題であると考えるので、その話はまた別にします!!

まずは人に興味を持ちまくるところから始めましょう!!

 

 

 

 

以上、ここまで読んで頂きありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です