【リゾバ途中退職】リゾバ先が最悪だった!?途中で辞めたい!?まずは派遣会社の人を説得しましょう!

SHARE

【リゾバ途中退職】リゾバ先が最悪だった!?途中で辞めたい!?まずは派遣会社の人を説得しましょう!

どうもみなさんこんにちは!!

おーりんです!(@Mo_Ja_Ohhhrin)

 

突然ですがみなさん、ワクワクしながらリゾートバイトに行ったはいいものの

「リゾバ先の人間関係がどうしても合わなかった」

「社員寮がゴミ屋敷だった」

「仕事内容が激務すぎて楽しむ余裕がない」など

 

「思ってたリゾバと違った」

と感じたことはありませんか?

 

巷のリゾートバイトサイトを見ると

「2ヶ月で50万貯金可能!」

「出会いがたくさん!!」

「一生の思い出ができる!!」

「旅行しながら仕事ができる!!」

などなど綺麗な文言が並べられていますよね。

 

これ半分正解で半分不正解だと言えます。

なぜならリゾバの充実度は全て派遣先の会社(ホテルなど)によるからです。

 

労働時間が少なかったら2ヶ月で50万貯金なんてできませんし、労働時間が多すぎても旅行どころではありません。

また、人が少なかったら出会いなんてありませんし、人間関係がよくなかったら一生の思い出どころか人生で辛い時期に成り下がってしまいますよね。

なのでリゾバが充実するかどうかはホントーに派遣先の会社に委ねられます。

なので気になることは赴任する前に必ず派遣会社の担当者に聞きましょう!

 

ただ大前提として、リゾバといえども仕事なので楽しいことばかりではないと思います。

ある程度は我慢すべきところが出てくるのは事実です。

 

しかし赴任後に、あまりにも労働条件や生活環境、人間関係が劣悪だった場合、今回のテーマである

「途中退職」することも可能です。

 

僕は今まで2回リゾバを経験しましたが、

2回目に行った山梨県河口湖の某ホテルでのリゾバは5日で辞めました!

 

理由は以下の通りです。

  • 仕事は一切教えてくれない
  • そのわりにミスったら怒ってくる
  • 賄いがご飯と納豆とふりかけのみ
  • 食事が足りないので自分で補填しないといけない
  • 社員寮がゴミ屋敷
  • 部屋に乾燥機やクーラーがない

 

ひどいですね。。。

逆に1度目のリゾバ先は対極的で、

  • 仕事きちんと教えてくれる
  • 賄いが一品料理
  • 休日も賄いが出る
  • 社員寮の掃除は業者に依頼済み
  • 人間関係良好(若い人多め)
  • 乾燥機、クーラーなど必要最低限のもの完備

 

全然違いますね。。。充実度が雲泥の差です。。1日も早く辞めたかったです。。。

 

 

で!!

 

気になる辞め方なんですが手順としては

  1. 派遣会社の担当に言う
  2. 派遣会社がリゾバ先の会社に言う
  3. 最終出勤日を調整する(リゾバ先の人)
  4. 最終日に貸与品(制服やエプロンなど)を返す ※必須です。
  5. さようなら

 

基本的にはこれでOKです!

 

ただ、派遣会社の人も派遣スタッフには長く働いてもらいたいので、引き止めてくることは確実でしょう。

なのでしっかりとした根拠や説得力を持って派遣会社の人に文句をいうことが大切です。

 

根拠を持って説得できればその場で逆に派遣会社の人に

「そんなひどいところを紹介して申し訳ない、次の求人をすぐに紹介するので、途中退職して頂いて大丈夫です」

と謝られることもあります。(僕がそうでした)

 

今回は僕の実体験を交えながら派遣会社の人が「途中退職」を納得せざるを得ないような文句の言い方を解説していきます。

僕と同じような境遇の人はぜひ参考にしてもらえればと思います!

それでは、早速!

 

ご飯が少なすぎて自分で補填しないといけない➡︎リゾバって固定費かからないのがウリだよね?

そもそもですね!

2度目のは派遣先は支給されるご飯が少なすぎた。。(ご飯と納豆とふりかけ)

ぜんっぜん足りない!!しかも美味しくないし!!

だから足りない分は自分でスーパーやコンビニで買って補填しないといけない!

(僕は決して大食いではありません。)

 

ええ、もちろんふりかけでご飯を無理やり食べまくって腹を満たすっていうことはできますよ?

けど待って、今は2019年

 

ふりかけでご飯を掻き込むなんて戦時中かなんかですか?

贅沢は敵なんですか????否!!!

 

で、何が言いたいかっていうとリゾバってご存知の通り「固定費無料」がウリになっているシステムなんですよね。

 

毎日ご飯足りないからコンビニとかスーパーで補填してるってそりゃ

「固定費余裕でかかっとるよね??」

 

しかも毎日納豆とご飯とふりかけだけ食べてたら栄養も偏るのでどこかで野菜も補給しなきゃならないし。。。

 

同僚のリゾートバイター達なんてもう退勤したら賄いを食べずにそのまま外食しに行く人もいました。

 

しかし「固定費無料」とあれだけ謳っているリゾバで固定費がかかるのはあるまじきことだと思います。

固定費無料がリゾバのウリってことは派遣会社の人も重々承知なのでそこを指摘すると結構な割合で問題解決に当たってくれるはずです。

 

寮に乾燥機やクーラーがないなど、契約書と異なる点を指摘する

派遣先に赴任する前に必ず寮に何が用意されているかが書かれた契約書(?)みたいなものを見せてくれます。

 

で、僕のリゾバ先は「乾燥機有り」って書いたあったので「じゃあハンガーとか要らないなー」と思って実際に行ってみると、乾燥機なんてありませんでした。

あとクーラーもないし寮も前の人が使ったまま何も掃除されていないゴミ屋敷でした。。。

風呂場はカビまみれであらゆるところに蜘蛛の巣が張ってあり、謎の異臭がしました。

 

正直、乾燥機がないことよりも「ゴミ屋敷」「カビまみれの風呂」の方が気になりましたw

 

これを全部派遣会社の人に言います。

「契約書と違うんですが」と切り出せば派遣会社側の確認ミスなのでスムーズに問題解決に当たってくれるはずです。

 

人間関係が劣悪すぎて仕事にならないしメンタルがすり減っていく

上では

「リゾバの大前提が崩れている」

「契約書と書いてあったことが違う」

というロジカルに文句を言ってきましたが、最後はパターンを変えて「人間関係問題」でダメ押しします。

 

なんだかんだ人間関係って一番「退職」に繋がる要因なんですよね。

 

新入社員が会社を辞める一番の原因も「職場の人間関係」が問題だったりします。

 

「理不尽な上司がいる」

「嫌味を言ってくる人がいる」

「パワハラ、セクハラ、その他ハラスメントをされる」などなど

 

僕が2度目に行ったひどいリゾバ先も例外ではありませんでした。

 

まず、基本的に仕事は教えてくれません。

初日に何も分からないのに「はい、夕食のセットして」みたいな感じでした。

その割に間違えたら全力で怒ってきます。

 

僕の寮生活を共にしていた同僚は少し遅刻をしただけでそのレストランのボス的なおばさんに無視されていました。

確かに遅刻をしたのは悪かったかもしれませんが、無視なんてされていたら仕事になりませんよね。

 

他にも、できないと分かっているのに無理難題を押し付けられたり。。。

 

あまりにもひどかったので過去には精神を病んでトイレで泣いていた人もいたらしいです。。。

 

とても健全に働ける環境ではありませんよね。

 

 

なので、こういった「人間関係の劣悪さ」も派遣会社の担当の人に伝えるようにしましょう。

職場の人間関係は一朝一夕で解決できるような問題ではないので、早々に途中退職を了承してくれるはずです。

 

まとめ

リゾバを辞めたければこのようにロジカル風に不満を言えば派遣会社の人は途中退職を納得してくれるはずです。

 

しかし中には

「上記のようなプロセスを踏むのがめんどくさい!!もう荷物まとめて明日帰る!!派遣会社からの電話も着信拒否すればいいじゃん!!」

という人もいるかもしれません。

リゾバ業界ではこれをいわゆる「飛ぶ」と言いますが、正直この方法はあまりおすすめできません。

 

そのリゾバサイトはもう使えなくなる上に派遣会社にも派遣先の会社(ホテルなど)にもものすごく迷惑がかかるからです。

 

やはり一社会人として、一大人としてしっかりと話をつけてから辞めることがオススメです!

 

退職理由がしっかりしていれば

「そんな求人を紹介して申し訳ございません、すぐに次の求人をご紹介致しますので」

とその後も継続的にリゾバサイトを利用することができますし、信用も失うことがありません!

 

 

ちなみに2度目のリゾバ先のひどい状況に迅速かつ誠実な対応をしてくれた派遣会社

「アルファリゾート」という会社です。⬇︎⬇︎⬇︎


【安心個室】のリゾートバイト!

レスポンスも早く、退職に至った理由も誠実に傾聴してくださり、迅速に途中退職の手続きを済ませてくれました!

これからリゾバを検討している方はぜひ「アルファリゾート」を利用してみてはいかがでしょうか。