駆け出しフリーランスとリゾートバイトは相性が良いという話

SHARE

駆け出しフリーランスとリゾートバイトは相性が良いという話

どうもこんにちは!!

 

おーりんです(@Mo_Ja_Ohhhrin)

今回はタイトルにもある通り、駆け出しのweb系フリーランスにリゾバをおすすめする記事です。

 

この記事を書こうと思ったのは自分の経験からなのですが、僕は今年の1月に脱サラしてフリーランスのライターになりました。

それから数ヶ月ライター業だけで生計を立てていたのですが、正直ライター業だけで生きていくのはシンプルにきつかった。。

 

何がキツイかって毎日毎日6〜8時間、誰とも話さず家やカフェでパソコンとにらめっこして仕事しているからです。

正直僕はもともとパソコンはそんなに得意ではなく、どちらかというと体を動かしたり人と話したりすることが好きなんですよね。。

 

そんなゴリゴリオフラインの人間が急に脱サラしてフリーランスのライターとして独立して一人だけで生きていくってのは無理がありすぎたのかもしれない。。。。

 

けれども、ライターとして生産した文章がクライアントに褒められてお金が入るのは嬉しいし、この個人ブログのPVが伸びていくのもめちゃくちゃ嬉しいです。

 

嬉しい。嬉しいんだけども!!

この生活がずっと続くと思うとどうしても憂鬱な気分になってしまう。。

体がなまって仕方がない。この仕事はそもそも人間的なのか?と疑問をもってしまう。

 

人間も動物です。動物は動きます。コミュニケーションをとります。

大昔からずっとそうやって生きてきたはず。

 

なのに急に家に閉じこもって体を全く動かさない仕事なんてそもそも人間には合ってないのではないか?

(人によりますが少なくとも僕は合ってなかった)

 

だから体に不調が出てしまうのではないか?と考えるようになってしまいました。

 

ということでどうにかこの鬱々とした気分を抜け出そうと思って巷で噂の「リゾートバイト」を始めました!

リゾートバイトは全国のリゾート地にあるホテルや観光名所で住み込みで働くというものです。

 

リゾートバイトで適度に体を動かし人とコミュニケーションをとり、なおかつオンラインの仕事をすればいい感じにバランスが取れて幸福感も上がるのではないか?と仮説を立て実際にトライしてみました!

 

で、結論から申し上げますとweb系フリーランス×リゾートバイトはものすごく相性がいい!!

 

「なぜ相性がいいのか」詳しくまとめていきます。

 

体を動かし人と話すことでメンタルが安定する

web系フリーランスあるあるだと思うんですが、家や近くのカフェでこもりっきりで仕事して誰とも話さず、特に運動もせず1週間が終わる、、なんてことザラにありますよね?

ストレスが溜まりつつも仕事、仕事、仕事

 

で、たまーに友達とばったり会ったりすると嬉しすぎてトークがとまらない、みたいな。

わかります、人間は本来、人とコミュケーションをとらないと死んでしまう生き物だと思います。

 

また、軽い筋トレやジョギングなどの運動をすると頭がスッキリするという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

そう、人間は人と話したり体を動かすことによって溜まったストレスを緩和できるんです。

 

そしてリゾートバイトの仕事の多くは

  • レストランのホールスタッフ
  • ホテルのフロント
  • 売店、海の家
  • 仲居

など基本的に体を動かし人とコミュケーションをとるような業務が多いです。

 

なのでリゾートバイトはオンラインの仕事で溜まったストレスを良い感じに緩和させることができます。

固定費無料➕固定収入があるので生活が安定する

駆け出しフリーランスはまだまだ仕事が安定的に取れなくて収入が不安定というケースもかなり多く見受けられます。

(ちなみに僕もです。)

 

特にブログやアフィリエイト、youtubeなどはコンテンツがお金を生み出してくれるまでに相応の時間がかかりますよね。

 

で、毎月入ってくる収入が不安定だとメンタルも当然不安定になります。

なんだかんだ生活できる最低限の収入は確保したいものですよね。

 

リゾートバイトの多くは観光地の施設で住み込みで働くことができるので、「固定費」がかかりません。

駆け出しフリーランスの首を絞める家賃、光熱費、水道代、食費などが全て「無料」なんです。

 

おまけに月20万円前後の安定した固定収入も入ってくるので安心してフリーランス活動に専念することができます!

時間の制約によって逆に時間の使い方が上手くなる

「え?時間の制約ないほうがやりたいことできるじゃん!何言ってんの?」

と思う人もいるかもしれません。

 

確かにサラリーマン時代は

「自由になりてえーーー!!」

「フリーランスって起きる時間も働く時間も全部自由なんだ!!すげえ!!」

「フリーランス最高!!」

と心の底から思っていました。

 

が!!いざ脱サラしてフリーランスになると

(徹底した自己管理ができない人は)自由という重みに耐えきれないことに気づきます。

さしずめ「自由という名の不自由」でしょうか。

 

時間がふんだんにあると人間は

怠けます。

 

だらだらと惰眠を繰り返し、昼前に起き、作業して、深夜また夜遅く寝る

いつでも携帯をいじれるので気づけばツイッターやyoutubeを見てる

などなど、全て実体験です。

 

自由な時間が多すぎると生活にメリハリがつきません。

もちろん注意してくる人はいないので、気の赴くまま永遠にyoutubeやネットサーフィンができちゃいます。

 

その結果、サラリーマン時代より時間の自由は遥かにあるのに、仕事の濃さや1日の充実度はサラリーマン時代より低い、という状況に陥ってしまいました。(やばいやばい)

 

リゾートバイトをすると1日7〜8時間きっちり働くので、残りの自由時間が制限されます。

そうなるとどうでしょう。

頭が勝手に制限された時間を如何に上手く、無駄なく使うか、と考え出したのです!

 

時間が有り余ってると「まあ、あとでやればいいか」とまるで小学生が夏休みの宿題を最終日ギリギリにやってしまうように、完全に後回しにして、気づけば明日納期!という状態になってしまうのが、時間の制限があるとそうではありません。

 

「この案件は4日後に納期だから1日1000文字くらい書いておかなきゃ」

「明日は勤務時間が長くてあまり作業できないので今日中にやっておこう」

みたいな、勝手に頭が計画を立てるようになります。ギリギリマンになりません。時間ないから。

 

その結果、時間の使い方が上手くなり、1日1日の充実度が上がります。

 

まとめ

駆け出しフリーランスとリゾートバイトの相性がいい理由をまとめると以下の通りです。

  • 体を動かし人と話すことでメンタルが安定する
  • 固定費無料➕固定収入があるので生活が安定する
  • 時間の制約によって逆に時間の使い方が上手くなる

 

もちろん、徹底した自己管理ができる人は時間の制約がなくても素晴らしいパフォーマンスを発揮します。

ただ、僕のように自分一人では生活にメリハリがつかず充実度が下がり、良いパフォーマンスが出せない人などは思い切ってリゾートバイトをしてみるのもいいかもしれません。

 

ちなみに僕が利用したリゾートバイトサイトはこちらの「アルファリゾート」です。

他のリゾートバイトサイトに比べて時給が高く、対応がものすごく誠実だったのが印象的です。




ワンランク上のリゾートバイト!

リゾートバイトを検討している方はぜひご利用ください!

 

それでは!!