「3大欲求」が消えた!?消耗した会社員時代からの復活劇を現役フリーランス・ヤドカリコさんにインタビュー!

SHARE

「3大欲求」が消えた!?消耗した会社員時代からの復活劇を現役フリーランス・ヤドカリコさんにインタビュー!

インタビュー記事第5弾!!

 

ということで今回は名古屋のABCスペース(@abcspacejp)に遊びに来られたお絵かきフリーランスのヤドカリコさん@yadokarikodayo )に突撃インタビューしてきました!

 

ヤドカリコさんは現在

●お絵かきフリーランス

●コワーキングスペース「Teraco.」の運営スタッフ

●田舎フリーランス養成講座の講師

として活躍しています。

 

田舎フリーランス養成講座とは?

日本各地の田舎で1ヶ月間フリーランスになるための基礎を身に付ける実践型合宿(以下いなフリとします)

https://inaka-freelance.jp

 

「いなフリ」のデザイン・ブログ講師を務めるヤドカリコさん

しゅうへい(@shupeiman)さんのイベントin コワーキングスペースTeraco.

 

 

ヤドカリコさんは昔から「絵を描くこと」「デザイン」が好きで独学で勉強されていたそうです。

描く漫画のキャラクターのテイストがこれまた可愛いんです。(後ほど出てきます)

 

そんな「好きなことを仕事に」の代名詞であるヤドカリコさんも、過去には体育会系の営業職に就職してしまって消耗した経験があるそうです。

 

 

今回はそんなヤドカリコさんの人生を取材してきました!

それでは早速、どうぞ!!

 

こんな人におすすめ

  • 会社で消耗している人
  • フリーランスになりたい人
  • ヤドカリコさんの絵が好きな人

「ヤドカリコ」という名前の由来

おーりん

ヤドカリコさんどーも!!

お久しぶりです!我が地元名古屋へようこそ!

おー!おーりんさん!

今日はよろしくお願いします!

ヤドカリコさん

おーりん

聞きたいことはたくさんあるんですけど

まずは「ヤドカリコ」という名前の由来を教えてもらえますか??

 

個人的にめっちゃ印象的なんです!

小さい頃ヤドカリが好きだったとか、、、?

名前の由来はですね、

 

地元の札幌にいた時に仲良くしてたバーの店長がいるんですけど、その人に

「私を動物に例えると何ですか?」って聞いたら

 

「ヤドカリ」

と言われたのがきっかけです。

ヤドカリコさん

 

おーりん

ヤドカリ!?

イメージキャラクター「ヤドカリくん」

「常に殻にこもってそうな子」と思われたんでしょうね笑

でも案外良いなと思ったんですよね。

ていうのもヤドカリをイメージキャラクターにしている人ってあんまりいないので笑

ヤドカリコさん

おーりん

そうだったんですね!

確かに「ヤドカリキャラ」っていないですよね!差別化できそう!

 

ヤドカリコの「コ」はどこから生まれたんですか?

コワーキングスペースの「コ」ですか??

「ヤドカリ」だけだとGoogle検索に引っ掛からないと思って「コ」を追加して女の子っぽくしました🤗

ヤドカリコさん

おーりん

なるほど!

 

「ヤドカリ」だけだったらリアルヤドカリが出てきちゃいますもんね。。。

(そこまで考えて命名していたなんて)

そうなんです。

最初はゴロが悪くてあまり気に入ってなかったんですけど、今では「ヤドカリコ」が浸透してるので気に入ってます。

ヤドカリコさん

【人間の3大欲求】が消滅するほど追い詰められた1社目

ABCスペースにて

おーりん

今でこそイラストレーターや漫画家としてフリーランスでキラキラ活躍しているヤドカリコさんですけど

 

フリーランスになる前の会社員時代はどんな感じだったんですか?

新卒で入社した会社がゴリゴリの体育会系の営業職で

 

【人間の3大欲求】

 

が消滅するぐらい追い詰められたことがあります。

ヤドカリコさん

おーりん

人間の3大欲求が消滅?!

そんな漆黒企業だったんですか?

世間的には「グレー」レベルの企業だったと思います。。

 

けど、私は元々いつも家に引きこもってお絵かきをしてるような「ゆるーーーく」生きてた系女子だったので

 

体育会系で男社会な職場の雰囲気は全く合いませんでした。

なので私からするとかなり漆黒だと言えます。。。

ヤドカリコさん

おーりん

元々ゆるふわ系女子だったんですね!

 

営業職って体育会系が多いですもんね。

 

でも、なんで営業職を志望したんですか?

その会社が「食品パッケージを企画する会社」だったんですね。

 

元々絵を書くのが好きだったので「パッケージをデザインしてみたい」という思いがありまして、、

その思いだけで「営業職」がどんな仕事なのかろくに調べもせず就職してしまいました。それが最大の敗因です。

 

実際パッケージデザインの仕事ができたのも「1回だけ」でした。

ヤドカリコさん

おーりん

完全なミスマッチですね。。

 

具体的に体育会系企業のどんなところが嫌でしたか?

例えば、パソコンに向かって入力作業をしている時に、席の隣にあるコピー機からFAXが流れてきたんですね。

そしたら先輩社員に

 

「新人が率先してFAXを取るもんだ。大事なFAXかもしれないんだから、届いたらすぐに渡しに行け!」

と言われたんです。

ヤドカリコさん

おーりん

ふむふむ
でもFAXは頻繁に来るので、そのたびに業務を中断して席を立たないといけないんです。

もちろん新人はFAXだけではなく、電話や来客対応もしないといけなくて。

そんなことをしてバタバタしていると、先輩から頼まれた業務をやる時間がなくなって

 

「お前今まで何やってたんだ?」

と怒られることがしょっちゅうありました。

ヤドカリコさん

おーりん

体育会系特有の新人に対して理不尽な文化ですね。
はい。普通の人だったら「会社ってこんなもんか」と受け入れてしまうようなことだと思いますが、

 

私はこのような理不尽な体育会のノリは、果たして意味があるのだろうかと思ってしまうんです。

FAXは気づいた人が持っていけばいいだろうし、電話だって手が空いてる人が出ればいいじゃないですか。

ヤドカリコさん

おーりん

激しく同意。。
なので会社の雰囲気や人間関係が合わなさすぎて、気づけば毎日「涙」を流しながら電車に乗って通勤していました。

完全に不審者ですよね。。。

 

そしてそんな状態をずっと続けていたら「人間の3大欲求」がいつの間にか消え去ったんです。

 

不眠症になったり、食欲がなくなったり。。

ヤドカリコさん

おーりん

うわわわわ、それはマズい。

完全に早く辞めなあかんヤツですね。

【人間の3大欲求】を取り戻した2社目〜〜いなフリ参加まで

おーりん

結局ヤドカリコさんの「3大欲求」は戻ってきたのでしょうか、、、?

 

僕はとても心配です。

安心してください。2社目で無事取り戻すことができました。

ヤドカリコさん

おーりん

おお!よかった〜!

安心しました!

2社目はどんなところに就職したのですか?

2社目は母の紹介で医療法人のデザイン職に就職しました。

 

そこで会社のポスター作りやバナー制作のお仕事をさせてもらいました!

ヤドカリコさん

おーりん

おー!デザイン!ヤドカリコさんの得意なフィールドですね!
そうなんです!

 

得意なことなので自然と周りに頼られることが増えて、前の会社で消滅した「自己肯定感」を取り戻すことができたんです!

 

その結果「3大欲求」が舞い戻ってきました。

ヤドカリコさん

おーりん

おかえり3大欲求うううううううううううう!!

 

でも、ということは希望のデザイン職をやれて充実していたということですよね。

なんでまたフリーランスを目指そうと思ったんですか?

ただいまああああああ(??)

 

3大欲求を取り戻して心身ともに健康的な生活が送れるようになったので気持ちに「余裕」が出てきたんですよね。

 

その結果、急に自己啓発本やマネーリテラシーに関する本を読み漁り出したり

イケハヤ(@IHayato ‏)さんのブログを読んだり

いわゆる「意識高い」OLになっていました。

ヤドカリコさん

おーりん

まだ東京で消耗してるの?
もうしてません。

ヤドカリコさん

おーりん

意識高い時代に行った高知県

そんな意識高いものに日々触れていく中で「フリーランス」という生き方を知ったんですよね。

 

「会社にとらわれない生き方、なんだかかっこいい!」

 

と思ってフリーランスについて調べていくうちに「田舎フリーランス養成講座」を知りました。

ヤドカリコさん

おーりん

おお!そこで「いなフリ」を知って参加することにしたんですね!

 

でも医療法人のデザインの仕事は楽しかったんですよね。

辞めることに対して「迷い」はありませんでしたか?

デザインの仕事は楽しかったです。

 

けど、私のポジションはもともと産休に入った人のポジションだったんです。

なので、産休の人が戻ってきた時点で私は別の部署に飛ばされることになりました。

 

飛ばされた先が「受付」で、好きでもない仕事だったので辞めることに躊躇はありませんでした。

ヤドカリコさん

おーりん

そうだったんですね!

 

それで退職して「いなフリ」に参加されたわけですけども

 

率直にどうでしたか?

いなフリは自分を否定されない環境で好きなことができるのでめちゃめちゃ充実してました!

 

コミュ障の私でも1週間ぐらいで慣れて

 

みんなとだべりながら作業する時間はまさに「青春」でした。

 

遅れてきた青春です。

ヤドカリコさん

おーりん

いなフリに参加した人はみんな青春を感じてますよね。

青春を取り戻したいなフリ

 

ヤドカリコさんのいなフリの詳しい感想はこちらから!

https://note.mu/moramiiko/n/ne59ad5de5fed

消耗している人に伝えたいこと

おーりん

いなフリに参加して現在は「お絵かきフリーランス」として好きなことで生きているヤドカリコさんですが

 

過去のヤドカリコさんのように会社で消耗している人に何か伝えたいことはありますか?

そうですね、

今会社で消耗している人は

 

「自分がなんで消耗してるのか深掘りしたほうがいい」と思います。

悩みの種類に応じて対処法を考えます。

ヤドカリコさん

おーりん

悩みの種類によって対処法を考える、、、?
そうです。

「給与が少ない」で消耗している人は副業を始めればいいし

「人間関係」で消耗している人は部署移動をすればいい

「業務内容」で消耗している人は退職して「好きなこと」ができる仕事を探せばいいし

 

 

とにかく「消耗している状態」で長い間放置しないことが重要です。

その状態が続くと私みたいに「3大欲求」が消えてしまうかもしれません。。。。

ヤドカリコさん

おーりん

うんうん、できればメンタル的に手遅れになる前に対処したいですよね。

でも、中にはそんなことを考えれられなくなるくらい消耗してる人もいると思います。

その場合は一旦会社を「辞める」のも非常にありかと。

 

 

というのも会社で消耗している時は「正常な思考」ができなくなっている状態なので。

 

会社を辞めて気持ち的にも時間的にも余裕ができれば

正常な思考ができるようになり、自分と向き合う時間が増えるので

自ずと何がやりたいのか見えてくるようになるはずですよ。

ヤドカリコさん

おーりん

「正常な思考」ができなくなっている時に下す決断は自分にとって本当にベストになるとは限らないですもんね。

 

 

って同じく会社で消耗してた友達が言ってました。

そうなんです!

だからとにかくそのままの状態で放置しないことが大切!

ヤドカリコさん

 

ヤドカリコさんの復活劇を元にした漫画はこちらから↓

実体験に沿って描かれているのでリアルで面白いです!

【漫画】コミュ障が新卒で体育会系営業職になって、毎日涙が止まらなくなった話

https://shachiku-festival.com/communication-disabled-business/

 

取材後記

ゴリゴリの体育会系の営業職で「3大欲求」がなくなるくらい消耗したあと

 

好きなデザインができる仕事についたがフリーランスを目指すべく退職

 

「いなフリ」に参加して青春を取り戻し

 

いろんな紆余曲折を経て「自分に合う働き方」を見つけたヤドカリコさん

 

現在は、漫画やブログやデザイン講師の仕事をし

文字通り、好きなことで生きています。

 

そんなヤドカリコさんの今後の予定は「ブログ収入で食べていけるようになる」とのことです。

そうなったらアドレスホッパーとして各地を転々として、イベント企画をやりまくりたいそうです。

 

アドレスホッパー」は、特定の拠点を持たずに、国内外を移動しながらAirbnbで見つけた部屋やホテル、ホステル、旅館などで暮らしつつ仕事をするライフスタイル。

(出典/https://www.lifehacker.jp/2019/03/address-hopper_matt-san.html)

 

 

 

 

インタビューした率直な感想としては

 

 

 

 

 

おーりん

今キラキラしてる人は過去にめちゃめちゃ苦労してるんだなあ

 

 

 

 

 

というのも好きなことをしてフリーランスとして生きているヤドカリコさんの「現在」だけに注目すれば、確かにめちゃめちゃキラキラしているように見えますよね。

 

「ああ、すごい人だな」

「もともと才能やセンスあったんだな」

「僕/私には到底そんな生き方はできない」

 

と思うかもしれません。

 

が、誰しもそうですが初めからキラキラしていた訳ではありません。

最初は迷走に迷走を重ねて、努力に努力を重ねて

いろんな紆余曲折を経て現在の「キラキラ」があるのです。

 

 

テレビに出ている芸能人だって、イキイキと働いているIT社長だって

そこだけを見ればすごい人に思うかもしれませんが、最初のスタートはみんな同じなんです。

 

 

だからキラキラしてる人の「現在」だけを見て「僕/私では到底追いつけない」と思うのは意味がありません。

努力を続けていれば誰でもきっと輝けるはず

(自分に言い聞かせてる感)

 

 

 

 

以上、今回はそんなことをしみじみと感じさせてくれたインタビューでした!

ヤドカリコさん、ありがとうございました!

 

 

 

●ヤドカリコさんのブログはこちらから↓↓

https://yadokariko.com/

 

●Twitterはこちらから↓↓

@yadokarikodayo 

 

お仕事依頼はDMから📩